九月の

こんにちは。京都整体の粟野です。

夏も過ぎて暦は九月。久々の更新です。

季節の変わり目には夏に溜まった疲れが出てくるので、お体には気を付けてくださいね! この時期は内臓の疲れからの腰痛には要注意です!!からの・・・ケアの為にも整体受けてください的なブログは例によって書く予定はありません(笑)全部正しいですけれども。

九月というのは、変わり目の月ですね。日中は夏の暑さはまだ残るものの、朝や夕、晩に感じる日差しと風の雰囲気はもう夏のそれではありません。

照りつける8月の暑さがやわらいでホッとする反面、夏らしいことをたいしてやってなかった年は、なんだかまだ夏の余韻が続いて欲しい気持ちにもなります。

秋っぽさにはまだ早くもあり、スーパーで買い物中なんかに紅葉のデザインのビールを見かけても、手に取るのはまだなんかなーという気持ちにさせられます。

いわゆる境目の季節といった感じでしょうか?そういったはっきりしないような外界の空気感には、体は勿論のこと、気持ちや心もおそらく影響を受けていることでしょう。

九月やセプテンバー(september)とタイトルや歌詞つく歌や小説などは少なくない印象があります。それだけ多くの人の感覚に作用する何かしらのものがあるのかと思います。

 

季節は巡るし、地球は回っているし、、その上で人間は暮らしているし。

毎日生きていれば、心と体にも、春夏秋冬、晴れの日や曇りの日や雨の日、嵐の日などいろいろありますよね。

これを読んでくださっている皆さんは、次の休日のご予定はもうありますか? 夏にやり残したことをやってみるのはいかがでしょうか? それとも、新しく何か始めてみたりするのに九月はよい季節かもしれません。わたしは、毎年食べ損ねていた本格的なかき氷を食べたいなと考えております・・・。

 

それではここで、一曲お送りしましょう、

竹内まりあ で 「September」

(ラジオDJ風にしてみました。)

 

おまけ

そういえば、毎年夏に歌番組を観ていて過去の夏曲とかが紹介されるたびに感じていたことがありまして。

「夏祭り」はWhiteberryじゃなくてJITTERIN’JINNだろっ!!と声を大にして言いたい。      

Whiteberryの歌だと思っている若い人には是非、JITTERIN’JINNの原曲を聴いてみて欲しいと切に思います。(やっと言えた)