ずがい骨調整コース

特殊な施術なので
強く押してほしい人にはオススメしません。

日頃から、頭痛や目の疲れ、顔のむくみや肩・首の緊張に悩まされている
あなた!!

頭蓋骨を調整することで脳内にある脳脊髄液の流れや血液の流れを改善!!
頭痛や目の疲れ、顔のむくみや肩・首の緊張などの
お悩みを改善!!

実際にずがい骨調整の施術を受けた人の感想

・目もとがスッキリし、視界が明るくなる
・顎周りが楽になる
・老廃物の排出が進む(便秘が解消)・疲れがとれる
・肩こり、腰痛、頭痛、生理痛などが楽になる
・骨盤が修正されて、歩く・立つ・座るが楽になる
・ホルモンバランスがよくなる・全体的に身体が軽くなる
・よく眠れるようになる
・心理的な落ち込みが減り、気分が楽になる
など。


頭蓋仙骨調整を受けて悩みを解決してみませんか!?

当院での頭蓋調整はクラニオセイクラル・オステオパシーの考え方で調整を行います。

クラニオセイクラルとは?

クラニオ(cranio)頭蓋骨セイクラル(sacral)仙骨の事を意味します。

期待ができる効果

・眼精疲労
・睡眠障害
・自律神経失調症
・ホルモン系で起こる不調
・硬膜が緩むことでの痛みの緩和
など

どんな調整法なのか?

ソフトなタッチで頭蓋骨から仙骨を調整し脳脊髄液の循環を改善させる調整法です。

「5gの圧」「蝶がとまる程度の圧」とも言われるほどソフトな調整です。

脳脊髄液の流れを改善させることで中枢神経の働きを活発化させ、脳内の圧力の制限を改善することで血液やリンパ液の流れが良くなり、免疫系ならびに内分泌系の作用を高める効果が期待されます。

身体のエネルギーを高めることで自己治癒力が向上し症状改善に効果大!!

脳脊髄液とは?

脳脊髄液(Cerbral Spinal Flaid)とは、脳や脊髄のクモ膜下腔を流れる無色透明な体液のことです。

脳はこの脳脊髄液に満たされた空間に浮かんで存在しています。

循環している容量は110~170ml(5~7時間で全て新しく入れ替わる)で、1日の総生産量は約500~700mlとなっています。

脳脊髄液の役割とは?

外部環境からの保護

・脳と脊髄は常に脳脊髄液に浮かんだ状態であり、外部からの衝撃を吸収する作用がある。
・血液脳脊髄液関門によって、脳脊髄液の電解質などの濃度はほぼ一定に保たれている為、血液組成の変化や有害物質などの影響を受けにくい。

栄養作用

・脳、軟膜、くも膜および脊髄へ栄養を与える。

老廃物の除去

・脳や脊髄の古い細胞などを除去する。
・リンパ液のような働き(代謝産物の運搬)

他にも
・視床下部および神経下垂体の物質運搬
・脳中枢の化学的組成の調整
・神経細胞および結合細胞胞へのドレナージ
※ドレナージとは、医療で体内にたまった血液や滲出液などを体外に排出することを意味します。

脳脊髄液は、外部環境から脳を保護するバリアであり、脳や脊髄へ栄養を与え、老廃物の除去など重要な役割を担っており、私達が健康を維持することができる土台となっています。

頭蓋骨は動いている!!

頭蓋骨は15種23個の骨によって構成され、脳頭蓋(6種8個)顔面頭蓋(9種15個)に大別されます。

頭蓋骨のつなぎ目は 12㎛~25㎛ の範囲でわずかに可動し、脳脊髄液の循環や産生に伴ってまるで呼吸をしているかのように動いています。

第1次呼吸

人間は1分間に約6~12回のサイクル(約5~10秒に1回のリズム)で動いており、吸気で拡張(脳脊髄液を産生)、呼気で収縮(脳脊髄液を吸収)しています。

動く幅もごくわずかでミクロ単位の範囲になります。

このことをクラニオセイクラル・オステオパシーでは第1次呼吸と呼びます。

第2次呼吸

肺呼吸のことを第2次呼吸と呼びます。

頭蓋骨が動いているって想像し難いと思いますが、わずかに動いているんです。
その動きが脳脊髄や血液に流れを促していてします。頭蓋骨の動きが少なく頭がカチカチなっていると体液の循環が悪くなり身体に色々な症状が出てしまうことがあります。

※⇩の動画を参考にして下さい。

第一次呼吸のイメージ

頭蓋骨と仙骨、脊柱や硬膜を調整をすることで、脳脊髄液や静動脈の血液の循環が良くないなり、身体の必要としてところに酸素や栄養が運ばれます。
頭蓋骨を調整することで副交感神経が優位になり、身体の治癒反応も向上し症状も改善!

ご注意

頭蓋骨の調整ですが、小顔矯正ではありません。

小顔にしてほしいという要望には添えないのでご了承ください。

顔のむくみが取れて結果的に顔が小さくなることはありますが
頭蓋骨全体が小さくなるわけではありません。

当院でのずがい骨調整の流れ

STEP1 受付
ご予約のお名前とコースを確認します。2回目以降の方は受付カード、もしくは回数券をお出しください。

STEP2 カルテの記入
初回のみカルテの記入があります。しっかりと記入する時間を取っていただきたいので、ご予約の時間より10分ほど早めにお越し下さい。

STEP3 お着替え
お着替えのご用意をしております。

ご希望であればロッカーにてお着替えをして頂きます。

アクセサリーなどは外して頂いて、鍵をかけてお持ち下さい。

お着替えをご用意しておりますので、ロッカーにてお着替えいただきます。
アクセサリーなどは外し、長髪の方はお団子か、ややサイドにまとめてください。
出る時に鍵をかけてお持ちください。ロッカーの入り口は開けておいてください。

リラックスできる服装があればご持参いただいても構いませんが、運動に制限がある衣服は不可です。

STEP4 カウンセリング
来院理由となった症状以外で気になっていること、傷病歴、飲んでいるお薬、女性の場合は婦人科系疾患についてもお聴きする場合があります。症状の改善に必要のないことは聴きませんので分かる範囲で教えてください。もちろん無理にお聴きすることはありませんので、答えられない・答えたくないことがある場合はお伝えください。

STEP5 検査
頭蓋骨の硬さや重さ、肩や首の緊張などをチェックします。

STEP6 頭蓋調整
頭蓋骨と仙骨の調整

頭蓋骨と仙骨を調整することで脳脊髄液の流れを改善させます。
また、当院では強く押したり揉んだりのご要望にはお応えできません。あらかじめ御了承ください。

STEP7 再検査
調整前との状態を比較して、状態が改善しているかどうかを確認します。必要であれば微調整を行います。

その場で症状が完全に解消する場合もありますが、症状が残る場合もあります。
症状は「原因」から導かれた「結果」であり「原因」へのアプローチができていれば「結果」は後を追って消失すると考えます。

痛みがなくなることを目的にして施術することはありませんのであらかじめご了承ください。
また、だるさを伴う症状の場合は半日程度時間を置いた方が身体の軽さを実感していただけるでしょう。

STEP8 酸素カプセルのご案内
酸素カプセルのご利用には「耳抜き」という動作が必要です。
※ほとんどの方が練習によりできるようになりますが、耳の慢性的な病を患っておられる方や、鼻詰まりがひどい場合は、できない場合があります。
耳抜きができない場合は、残念ながらご利用になれません。

酸素カプセル内での機械の操作法や注意点をお伝えします。

※もし耳抜きが出来ず、酸素カプセルをご利用できない場合は、酸素カプセル代抜きの金額になります。

STEP9 お着替え
施術者がロッカーにご案内しますのでお着替えください。
ロッカーが埋まっている場合、お待ちいただく場合があります。

STEP10 受付にてお会計
お会計をお済ませいただき、次回の希望来院日時があればご予約下さい。後からお電話・メールでご予約いただく場合、担当者の予約状況と休みを、この時ご確認いただいた方がお手間を取らせません。

土日のご予約は非常に埋まりやすくなっています。土日がお休みの方は、なるべく先のご予約を取っていただくことをオススメします。

コースの内容

ずがい骨調整(約30分)+酸素カプセル(60分)

¥6,500

3回まで同じ金額で受けて頂けます。

※耳抜きが出来ず、 酸素カプセルで ご利用できない場合は¥4,500になります。

身体の深部に確実に変化を与えるテクニックですが、非常に繊細な刺激のため最初は変化を感じない方もいます。
まずは3回お試し下さい。

※強く押す事はありません。
強く押すというご希望には応えられませんのでご了承ください。

3回目以降は通常料金になります。

ずがい骨調整(約30分) ¥7,200
酸素カプセル(60分)  ¥3,000
一緒に受けていただくと➡¥9,700 ¥500お得!!

ずがい骨調整(約30分)は整体の回数券と併用して使って頂けます。

整体3回券  ¥18,000(1回当たり¥6,000) 
整体5回券  ¥25,000(1回あたり¥5,000)
整体10回券  ¥50,000(1回あたり¥5,000)

整体コース➡詳しくはこちら

酸素カプセルも回数券をご利用いただくとお得です。

酸素カプセルコース➡詳しくはこちら

各コースの料金➡詳しくはこちら

ずがい骨調整での禁忌

急性炎症
頭部外傷
心臓発作(急性期)
脳卒中(急性期)脳腫瘍脳浮腫
脳動脈瘤

他にも
・頭蓋内圧亢進・急性期の脳卒中・脳動脈瘤・多量の出血・延髄ヘルニア・最近の頭蓋骨折・脳脊髄液減少症・二分脊椎(脊髄髄膜瘤)・アーノルド・キアリ奇形・ダウン症

※これらの状態に該当する場合はリスクを伴う為、施術することができません。

頭蓋を調整すことは身体全身の調整にもなります。

ご予約はこちら