本物のオステオパシーを追い求める JICO関西支部

日本クラシカルオステオパシー学会(JICO)関西支部のブログです。本物のオステオパシーとは何か?世界中の古今東西(もちろん日本も!)の偉大なオステオパスの残した巨大な足跡に敬意をはらいながら、オステオパシーの無限の可能性を追求し続ける治療家集団の集まりです。

JICO関西支部のブログ

日本クラシカルオステオパシー学会(JICO)について

JICOとは、Japan Institute of Classical Osteopathy の四文字の頭文字をとったもので、 日本クラシカルオステオパシー学会(日本語名称)のことを言います。

JICOでは、A.T.スティル博士の提唱したオステオパシーの原則を忠実に学び、実践することによってオステオパシーの知識と技術の向上を目的として活動しております。

 

解剖学、生理学、病理学などの医学的基礎知識を十分に理解し、オステオパシーの原則、脊椎力学、応用解剖学などの知識が加わる事によって正確なオステオパシー的診断となります。

オステオパシーでは診断が大変重要な意味をもたらします。治療は診断に従い合理的にすすめられてこそ効果を発揮することとなります。

クラシカルオステオパシーの治療に対する原則は体の構造を統合し、矯正ではなく調整を行うことにより機能の改善を行うこととあります。すなわち身体の原則を治療に応用したものこそがA.T.スティル博士の提唱したオリジナルのオステオパシーであり、我々はこれを生涯をかけて学ぶ価値のあるものであると確信しております。

神経系に対して生理学的な反応が起こるような繊細、かつ正確で確実な操作を心地良いリズムで繰り返し行うことにより短時間で効果的な治療効果が表れ、患者さんの身体は改善へ向かい始めます。単に関節や軟部組織を押したり引いたり動かしたりするだけでは治療効果は期待できません。治療は神経系に作用させる事により効果をもたらします。患者さんに触れるタッチやリズムの善し悪しで治療効果は全く異なった結果になってしまうからです。
JICOではオステオパシーに必要なこの点を重視して講習会を構築し、「疾患を治せる治療家」の育成を目指し、 活動していきたいと思います。

JICO関西支部とは?

JICOの関西会員を中心としたJICOの二次団体です。

JICO関西支部講師陣のブログ こちら

JICOの講習会を受講したい

JICOベーシックコース受講の為には紹介コースの受講が必須です。

紹介コース日程

 

・10月8日(日)11:00~13:00

・10月22日(日)11:00~13:00

2017年度JICOベーシックコース(全10回)は11月開始予定です。

講習会への参加希望や、各種お問合わせなどは、下記お申し込みフォームからお問合せ下さい。

お問合わせいただいた内容について、確認し、順次こちらよりご連絡させていただきます。
ご連絡は数日かかる場合がございます。あらかじめご了承ください。

             

 

お名前
電話番号 半角英数入力
メールアドレス 半角英数入力
講習会申し込み 受講したい講習が決まっている場合はこちらから選択してください。
※複数選択可
お問い合わせ内容 JICOの講習会についてこちらよりお問い合わせください